皆さんは、「ゲストハウス」というものをご存知ですか?
実は、日本では「ゲストハウス」にはふたつの意味があります。

ひとつは、ホテルの様に旅行の途中でふらりと泊まることができる宿泊施設のこと。

もうひとつは、長期滞在をすることができる賃貸物件の様な施設のことです。
海外だと、「ゲストハウス」というと「お客様をおもてなしする空間」「迎賓館」を指しますが、日本のゲストハウスには本当にいろいろな意味があるので注意が必要です。

日本におけるゲストハウスの扱い

上記で、ゲストハウスは「賃貸物件」「ホテル」と似たような扱いをされることが多いと記述しましたが、実は両者とは決定的な違いが存在します。賃貸物件は「家族だけで生活する場、「ホテルはおもてなしを受ける場」として知られていますが、ゲストハウスの一番の目的は「交流」をすること。特に日本のゲストハウスの場合は「交流」の意味合いが非常に強く、ゲストハウス内で活発な住人同士の交流が行われています。

一番多く知られているのが、外国人との交流ですね。
日本に住んでいると外国人と触れ合うということがあまりありませんが、ゲストハウス内では外国人との交流が活発に行われており、この中でお互いの文化を交流させたり、英語を学んだり、活発な国際交流の場として認知されています。今では、英会話を学びにゲストハウスに住むひともいるほど。

少しずつではありますが、日本でもゲストハウスが当たり前の様に使われるようになってきています。

旅行でゲストハウスを使った時のメリットは?

まず、旅行でゲストハウスを使うと「安い値段で宿泊することができる」というメリットがあります。

ゲストハウスは基本的にホテルや旅館より低価格で借りることができますので、本当に安い値段で宿泊することができるとか。旅行の中で何を節約したいかといえば交通費と宿泊費ですから、そこを節約できるというのは非常にうれしいことですよね。
また、それだけでなく「他の旅行者と交流を持つことができる」というメリットも。

旅行中にどこを回ってきたのか、どんな目的をもって旅行をしにきたのか、そういうことを語り合うということができるのもゲストハウスのメリットですね。こういう交流を通して、オススメの観光地についての情報も交換することができますし、オススメですよ!ゲストハウスなら長期滞在をOKとしているところもありますので、旅行先に長目に滞在したいという場合も嬉しいですよね。
ゲストハウスには、本当にいろいろなメリットがあります。