Site Loader
永住するために仕事

本州に住んでいる方が沖縄旅行を経験されると、みなさん口をそろえて一度は言うセリフがあります。
「このまま東京の仕事を辞めて沖縄に永住したい!」と言ってしまうのです。

長い間住んでみたい沖縄

その気持ち本当によく理解できます、私も一度だけ沖縄へ旅行をしに行ったことがあるのですが、
きれいすぎる海や美味しい食べ物に温かい空気に癒されてしまいました、
たった3日間の滞在でしたけれども沖縄に住めるものだったら長い間住んでみたいという気持ちになりました。

それくらい自分の中でしばらく沖縄にはまってしまいましたね、
今でしたら格安航空会社などで安く沖縄へ飛ぶこともできるし、
ホテルだってゲストハウスを利用したら高級なリゾートホテルで滞在するよりも格安に抑え込むことができます。
私一度でいいからしてみたいことがあるのです、
沖縄のゲストハウスで一か月くらい滞在してまるで現地の人のようにふるまって生活したいのです。

沖縄のゲストハウスの場所も那覇からちょっとだけ離れているところで、なおかつ自転車で走れる範囲で
スーパーやドラッグストアなどがある場所だったら、余裕で一か月そこで生活をすることができます。
それに少し調べてみたら格安のゲストハウスで月3万円で過ごすことができるところもあれば、
女性専用のゲストハウスでしたら月4万円あったら一か月のんびりと沖縄で滞在することができるのです、
そこで食費を半分くらい自炊で済ませても3万円くらいで抑えることができるので10万円さえあれば
一か月沖縄でのんびり暮らすことが可能なのです。

沖縄病

こんな過ごし方ができると本当に贅沢ですよね、もしもこのような暮らしができるとしたら
一日どんなことをして過ごしているのかな?東京での仕事をすべてこちらに持ち込んで、
一日のうち3時間くらいは気持ちの良い風に吹かれて仕事をして、その後は仲良くなったゲストハウスの
住民さんと夜遅くまで泡盛を飲んだりして色々と語り合ったりと、本当に絵にかいたような夢の生活ですね。
でも実際沖縄のゲストハウスで生活をしながら、半永住を楽しんでいる人って以外にいるのです。

こうした症状になると完全に沖縄病ですね、沖縄病に一度かかってしまうと
そこからなかなか抜け出すことができないし、本土にいるときも一日中楽しく
沖縄で過ごしているところを妄想したりと沖縄への思いを断ち切ることができない状態になっているのです。
でもリーズナブルなゲストハウスが沖縄中にあるとしたら、沖縄で暮らすのも悪くないですよね。
ゲストハウスで一か月くらい滞在して、そこから本格的に沖縄県内に
賃貸マンションやアパートを借りて本格的に永住をしていくという手段をとってもいいですね。
まずは夏休みあたり、ちょっと一週間くらいのんびりと
沖縄の女性専用のゲストハウスでのんびりと過ごしてみようと考えています。
きっと自分なりに自炊しながらのんびりと楽しく過ごすことができるのではないかなと楽しい妄想をするばかりです。

    © 2012 - 2020 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ