【福岡県】ゲストハウス界音

Filed Under (九州・沖縄地方おすすめのゲストハウス) by

古民家ゲストハウス

福岡県の博多には、落ち着く雰囲気の古民家ゲストハウスがあります。
ゲストハウス界音は、築70年の昔ながらの長屋をリフォームして造られたゲストハウスです。
今でも昔ながらの歴史を感じる建物になっていて、情緒溢れる古民家の雰囲気が人気となっています。

「界音」というゲストハウスの名前には、「界隈の音に耳を澄ます」という意味が込められているようです。
福岡の賑わった中心部から少し外れた博多で、ゆっくりと旅を楽しんでほしいという思いが込められています。
ゲストハウスの名前や古民家の雰囲気から、宿泊客への温かいおもてなしの心が伝わってきますね。

ゲストハウス界音は、博多ではとても有名なゲストハウスのようです。
博多のゲストハウスの先駆けとして2008年にオープンしました。
それ以来、多くの観光客がゲストハウス界音を訪れており、リピーターも数多く居るようです。

ゲストハウス界音では、2014年12月にお部屋のタイプと料金の変更を予定しているようです。
現在は定員5名の男性用ドミトリー、定員3名の女性用ドミトリー、ツイン個室、個室シングルユースがあります。
それぞれ料金は男性用ドミトリー、女性用ドミトリーがお1人様2500円、ツイン個室は1部屋6000円、個室シングルユースはお1人様4800円となっています。

2014年12月からは、男子用ドミトリーが定員6名でお1人様2600円、女性用ドミトリーが定員4名でお1人様2600円となります。
男性用女性用どちらも、7月から9月、12月から2月は2700円となります。

ツイン個室と個室シングルユースも料金変更を予定しているようです。
ツイン個室は6500円、個室シングルユースは4500円となります。
どちらのお部屋も7月から9月、12月から2月はエアコン代としてプラス150円の料金が掛かります。

2014年12月以降に利用する場合は、料金に注意しましょう。
ゲストハウス界音では、1日500円で自転車を借りることができます。
自転車でのんびりと博多の街を散策しても楽しそうですね。

博多のおいしいもの巡り

博多の名物と言えば、もつ鍋や明太子ですよね。
ゲストハウス界音は素泊まりとなっているため、ぜひ従業員おすすめのお店へ足を運んでみて下さい。
本場で食べる博多の味は、きっと忘れられない味となるはずです。

前述したように、博多と言えばもつ鍋、明太子が有名です。
しかし、ゲストハウス界音に泊まったらぜひ食べて頂きたいのがうどんです。
おいしいと評判のうどん屋さんは、ゲストハウス界音のすぐ隣にあります。

実は、界音ではゲストハウスだけでなくうどんを楽しむこともできるのです。
以前まではゲストハウス界音の入り口で営んでいたそうですが、現在はお隣へと移転しました。
ぜひ、ゲストハウス界音の本格手打ちうどんを食べてみて下さい。
福岡でうどんのイメージは無いと思いますが、一度食べてみて損はしないと思います。