Site Loader
梅の花

近畿地方にも見所がいっぱい

近畿地方には、明治維新まで天皇が住んでいた京都があります。
京都は日本の中でも「古き良き日本」の姿を遺している土地。

この為、見所のある施設がたくさんあります。他にも、ファッションの聖地「神戸」など、近畿地方には本当に見どころがいっぱい。そんな近畿地方の居所スポットをご紹介したいと思います。

京都・四条通り界隈

あえて「通り」でご紹介しますが、このあたりには観光客にとって見どころあるものがたくさんあります。
まず、近隣には「祇園」がありますね。

祇園は舞妓さんや芸子さんが住む場所で、運が良ければ舞妓さんが出勤するところを見ることができます。他のところで舞妓さんを見ても、それは観光客向けの扮装サービスであることが多いので本物の舞妓さんではありません。
他にも、近くには伊勢神宮などもありますし、お土産を並べるショップが多くありますので、観光客がたくさんの買い物をしています。一度は訪れてほしい場所ですね。

新撰組関連の史跡

京都と言えば新撰組。
新撰組は江戸から上京し、会津藩の力を借りて今日の都の不逞浪士を退治していました。

当時は京都市民から決してよく思われなかったものの、新撰組関連の史跡が多く残っていることからたくさんのファンが訪れています。新撰組関連の史跡は東京や北海道にもありますが、やはり数が多いのは京都です。

まず、新撰組が再最初の屯所として利用した壬生寺。その次に場所を変えた西本願寺があります。西本願寺の新撰組が住んだ場所は他のところに移築されてしまっていますが、それでも当時の面影を知るには見る価値アリ。

三つめの「新撰組が自ら大金を投じて建てた屯所」は、建物は残っていませんが石碑を見ることができます。
新撰組が切り込みを行った池田屋も現在は料亭になっていますが、石碑を見ることが可能。
他にも、元仲間であった伊東を斬った油小路など、京都市内には新撰組関連の史跡がいっぱい。ぜひご覧になってみてください。

須磨水族館

兵庫県にある須磨水族館は、子供を中心に多くの人に愛される水族館です。

須磨水族館には大きな水槽があり、ここでたくさんの魚たちを見られるだけでなく、イルカショーなども実施されています。実際に魚を触ることができるポイントもあり、子供たちにとっては魚を身近で楽しむことができるポイントになるのではないでしょうか。

須磨水族館も、兵庫県にある大変人気のある水族館です。ぜひ、お出かけをしてみてください。他にも、兵庫には南京町など楽しめるポイントがいっぱい。オススメですよ。

    © 2012 - 2019 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ