Site Loader
帰省の途に就く飛行機

実家が大阪にあるのですが、帰省するときは実家が狭いので泊りでの帰省ができないのです。
本当はゆっくりと実家に泊まって長いことお母さんと一緒に過ごしたいのですが、
いつも日帰りになってしまうのは少しさびしいところがあります。

長期滞在者向けのゲストハウス

それにこれからまたお母さんが病気をしたときなどそばについてあげたいので、
毎日日帰りというのも少ししんどくなります。
だから実家の近所にある長期滞在者向けのゲストハウスを利用してみることにしました。

ゲストハウスはそもそも安く旅費を抑えるためにバックパッカー向けの宿だったのですが、
最近では地方からやってくる就職活動中の学生さんや外国人観光客や普通に国内旅行で来られる方など
幅広い目的で皆さん賢くゲストハウスを利用されている方がいらっしゃいます。
それに最近の実家の住宅事情を見てみると、実家がマンションとかでしたら
自動的に夫と子供を引き連れて泊りでの規制はキャパ的に少し厳しいところがあり、
帰省をするときは近所のビジネスホテルに宿泊するという人も結構増えているそうです。
事実私の実家であるマンションに昔住んでいた幼馴染も帰省をするときは近所のホテルで宿泊すると言っているくらいです。

できるだけ帰省をするときは長期間滞在したいですよね、ビジネスホテルでしたら一泊7000円くらいが相場ですが、
ゲストハウスでしたら一泊3000円くらいで宿泊することができるし、
しかも一週間以上宿泊するのでしたら一泊当たりの料金が安くなるゲストハウスも多いので
夏休みや冬休みの帰省の時には是非利用してみたいところですよね。

手頃なゲストハウスに助けられた

自分の母親のところに帰っているのに、どうして長い間一緒にいることができないのか、
娘としては本当にさびしいものです、でもこれからは家の近所にあるゲストハウスを利用しながら
長期間の帰省を楽しむことができるし、もしも今後母親に何かあった時にはゲストハウスに長期滞在をしながら
面倒を見ることだってできるので、本当に実家の近所に手頃なゲストハウスがそばにあって助かったなと思いましたね。

皆さんもこれから帰省をするときはビジネスホテルに宿泊するのをやめて、
長期間リーズナブルに宿泊できるゲストハウスに切り替えをしてみるのはいかがでしょうか?
もうお金のことなどあまり気にしないで、今後は思い切り帰省を楽しむことができると思いましたね。
このおかげで大阪滞在がさらに楽しくなりましたね、せっかく帰省するのでしたら
長いこと家族のそばにいてあげないと親孝行にはならないですからね。
夏休みシーズンはそろそろゲストハウスが込みだしてくる時期ですので、
早い目に予約を取っておかないと間に合わなさそうですね、
それにゲストハウスの従業員さんたちとも仲良くなっているので、
何か困ったことがあったらすぐに頼ることができるので本当に毎回お世話になっています。
大阪にあるゲストハウスってもしかしたら第二の自分の実家かもしれないですね。

    © 2012 - 2019 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ