Site Loader
ゲストハウス

ゲストハウスの安さの秘密

ゲストハウスという言葉を聞いたことはありますか。
旅行者や観光客の肩にはおなじみとなりつつあると言える宿泊施設のことです。
宿泊と言えばホテルや旅館しかないと思っている人は、一度ゲストハウスに泊まってみるとその違いがよくわかります。

特にこのゲストハウスの最大の特徴はバックパッカー向けであると言う点でしょう。
バックパッカーというのはいわゆる旅行者の中でも低料金で旅を済ませたい人のことです。

ゲストハウスの部屋には個室とドミトリーがあります。
部屋は選択制になっているところとドミトリーの一択なっているところがあります。
多くはドミトリーを採用していて、どちらかというと個別を全室にという場合はかなり少ないです。

個室については、別料金をとって部屋の種類を選ぶところもあります。
年齢や性別を問わず様々な人が宿泊するので、一泊するだけでも様々な旅行者と交流する機会があります。
食事が出るところはあまりないのですが、近くにコンビニがあったりキッチンを提供しているところもあって食事自体が困らないようにはなっているのです。

スポーツや音楽など個性ある施設も増えています。
保育のためにあえてその施設を利用したりする場合もあればスポーツや音楽などもサービスの付随としては重要視されています。

ゲストハウスの成りたちについて

ゲストハウスはもともと旅行費用をあまりかけられない海外旅行者のために生まれたものです。
そのため、サービスの質や食事面などが不足していても低料金で泊まれるようになっているのです。
これは海外から来た人が高いところに泊まれないと言ったことだけでなく、あえてこう言った低料金のところに泊まって費用を抑えることもあるのです。

日本は比較的世界の中でも綺麗な方です。
ただのゲストハウスというだけでも十分に宿泊施設としての役割を果たしてくれるわけです。
ただし、日本人が泊まる場合にはそこに質の良しあしで意見が分かれたりします。

これは費用が安いけどサービスが不十分だと言う場合があります。
それと他国の人ではありえないような清潔感や綺麗さを求めると言うのも日本独特のものと言えるわけです。

ゲストハウスが多い所

日本には近年になってたくさんのゲストハウスが生まれていると言われています。
特に2010年からの新たな改装を経た建物が出てきています。
観光地やい宿泊客が集まりやすい駅周りにつくられることが多くてアクセスも良いです。

観光旅行向けの施設や文化遺産がある地域(北海道や京都、沖縄など)は、このゲストハウスが多いのです。
ところが、ホテルや旅館が主流であることは変わりません。
そのためゲストハウスはまだまだ全国的には少ないのです。

    © 2012 - 2019 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ