Site Loader
並ぶ二段ベッド

ドミトリーとは?

旅行者にとってゲストハウスやドミトリーというのは比較的馴染みのあるものです。
ゲストハウスには個室やドミトリーがあって、これらはどちらがよいのでしょうか。

まずドミトリーというのは、共同で泊まる場所でありたくさんの人が同じ所で生活します。
費用が一般の宿泊施設やホテル・旅館より格段に安いです。
逆に個室の場合だと料金的に一般のホテルとどっこいどっこいになることもあれば若干安いくらいになることもあります。
これはそもそも個室に重点を置いていないことや費用削減のためにドミトリーを重視していることにあります。

ゲストハウスの中でも数人で同じ部屋のベッドで寝るのがドミトリーか一人で泊まれる個室かなので、細かいことは置いておくとしても個室とどちらがいいかは真剣に考えるのがよいでしょう。
それぞれに利点や欠点がありますし、外国人観光客や留学生が意外と多いのでそんな環境に自分が合うかどうかも含めて検討しましょう。

中には女性専用のドミトリーがあるなど、安全性を配慮している所もあります。
近ごろになって、こうしたことを重視し始めているので、男女を分ける傾向にあります。
もちろん、未だに男女一緒の所であることが決まっている場合もあるので事前の確認が必要になります。

オーナーや従業員との交流

ゲストハウスのメリットの一つとして、その場でできるオーナーや従業員との交流があります。
特に旅行者がただ寝泊まりするためだけの場所とするのではなく、交流を出来るようにしていることで新たな出会いを促すものと言えます。

互いにコミュニケーションを取って、新たな発見や旅での出会いを生み出すきっかけになると言うわけです。
ゲストハウスが別の旅行者や従業員との交流を図る目的があるため、公共空間にしている部分がラウンジやキッチンなのです。

ただ交流という面ではメリットが大きいのですが、海外では十分にない設備もあって、貴重品管理が重要になることもあります。
日本ほどその管理も十分ではないスタッフも多いです。
海外における文化の違いで色々な面が日本と異なります。
オーナーによっては悪質な場合もあるので気をつけましょう。

アメニティはセルフ?

ゲストハウスやドミトリーのアメニティはだいたいセルフであることが多いです。
洗濯や日常的に使うシャワーやトイレ、それ以外の冷蔵庫やテレビといったものはあります。
しかし、日用品のようなものを含めて有料であるか、ゲストハウスにはないと言う場合が多いです。

布団にいくらかのスペースがあるだけの部屋の場合とベッド方式(2段ベッドなど)のところもあります。
インターネットの接続が出来るところも結構あって、仕事やネットでの調べ物などもできるようになっています。

    © 2012 - 2019 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ