Site Loader
シェアルーム

シェアハウスって何?

同じ宿泊できる施設でもゲストハウスとシェアハウスがあります。
あまりこういった単語を聞かないと言う人もいるでしょう。
ではこの二つはなにがどう違うのでしょうか。
ゲストハウスがどんなものかを見る前にまず、シェアハウスがどんなものか見てみましょう。

シェアハウスは、複数の人と部屋をシェアして住むことです。
超短期を除く短期や中・長期の居住をすること、複数の人とその住宅や居住施設を共有することでもあります。
いわゆる共同生活をすることで、お互いに中を深めながらも一緒に生活の手助けをしていくことが目的です。

なんといってもこうすることで長く住んでも料金が安く済むと言うのが魅力です。
これが主にシェアハウスの特徴になります。
明確にゲストハウスとは違うとは言い切れないのですが、呼び方によって雰囲気やイメージが違った印象になると言うわけです。

ゲストハウスはシェアハウスとここが違う

シェアハウスは旅行で泊まるための宿泊施設ですよね。
ゲストハウスも宿泊施設ですが、1か月が基準になると言われています。
この期間はどれだけその中で暮らすかという基準点です。

どちらもバックパッカーに使いやすいようになっているものです。
これは少ない手持ちで海外を一人旅行する人のことなわけです。
日本で旅行する場合には基本的にゲストハウスを利用しますし、シェアハウスは住居として長期滞在を考える場合に標準的と言えます。

ゲストハウスの場合、その場所に宿泊場所が用意されているかでも違います。
無ければホテルや旅館の予約が必要になりますし、場所だって検討することが必須になります。
費用面を考えてゲストハウスにしたい人も多いので、需要の高まっている宿泊施設と言えるのです。

このゲストハウスは日本だけのものではありません。
旅行先となる海外でもいくつもあって、宿泊の場所にゲストハウスを利用している人も多々います。
長期ステイの場合には、シェアハウスを使うと言った具合です。

目的で使い分ける

ところでこの両者の違いで、旅行の目的以外にはどのような違いがあるでしょうか。
呼び方が違うと言うのはどちらに重点があるのかというのもありますが、その起源もかかわってきています。

シェアハウスは生まれた時は、一軒家を複数人で貸家にすることで出来ました。
これが影響しているので住居として利用する目的が前面に出てきているというわけです。期間の違いで別の場所を探すというのもあります。

どんな目的で旅行者が使い分けるかよりも、実際に利便性や使いやすさ、評判を元に泊まる場所は決めた方がいいでしょう。
明確な区切りがあるわけではないですよね。
それ以上、名称にこだわるよりもその実質的な所をみる方がよいと言えます。

    © 2012 - 2019 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ