Site Loader
昔ながらの民宿

愛媛の歴史を感じるゲストハウス

愛媛県のお宿、中芳我邸ゲストハウスは昔ながらの風情を楽しむことができる、情緒あふれるゲストハウスです。
旧内子銀行頭取の中芳我吉右衛門の別邸をゲストハウスとして改装したようです。
広いお庭や土蔵がとても印象的で、愛媛県内子町の伝統や歴史を感じることができる素晴らしいお宿となっています。

中芳我邸ゲストハウスは、1日1組限定で宿泊することができます。
1日1組限定ですので、静かな空間で日々の疲れを癒すことができるのではないでしょうか。
チェックインは13時、チェックアウトは10時半となっています。

おひとり様の料金は、1名利用で8000円、2名から4名利用で6000円、小学生が4800円、小学生未満が3000円となっています。
また、連泊をすると10%オフになるサービスもあるようです。
食事はついていませんが、中曽我邸ゲストハウス周辺にはおいしいお食事処がたくさんあるため、お食事も楽しめるかと思います。

中曽我邸ゲストハウスの内部は和モダンに統一されており、とっても落ち着いた雰囲気となっています。
10畳の和室やツインベッドがある約4畳の洋室の他に、ミニキッチンやバス、トイレも付いています。
冷蔵庫・ポット・テレビ・アメニティーセットも用意されているので、とても快適に過ごすことができるのではないでしょうか。

中芳我邸ゲストハウスは、愛媛県喜多郡内子町にあります。
住所は愛媛県喜多郡内子町内子1938で、上芳我邸という木蝋資料館に隣接しています。
アクセス方法は、電車の場合はJR内子駅で下車し徒歩で15分ほど、内子中学校の正面となります。

中芳我邸ゲストハウスには、無料の駐車場もあります。
お車の場合は、松山自動車道内子五十崎ICで降りてR56を松山方面へ進んで下さい。
知清交差点を左折し、内子中学校が目印となります。

内子町の街並みを散歩

中芳我邸ゲストハウスのある愛媛県内子町の魅力は、何と言っても古い歴史を感じることができる建物です。
中芳我邸ゲストハウスの造りはもちろんですが、街並みからもその歴史が伝わってきます。
そのため、中芳我邸ゲストハウスにお泊りの際は、ぜひ内子町の街並みを散歩してみて下さい。

内子町の街並みを知るには、八日市護国がおすすめです。
ここは、約60メートルある通りに独特な佇まいの建物が立ち並んでいます。
どの建物も江戸時代末期から明治時代のものなので、普段とは違った雰囲気が味わえること間違いないでしょう。

また、近くには大正初期の薬屋をイメージして造られた資料館もあります。
商いと暮らしの博物館では、内子町の歴史をより深くまで知ることができるようです。
ただの資料館ではなく、人形や道具を使って再現されているため、楽しく歴史を学ぶことができるでしょう。

    © 2012 - 2020 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ