Site Loader
香川と言えばうどん

アットホームなゲストハウス

香川県高松市の中心、高松駅から1駅の昭和町駅を降りてすぐにあるゲストハウス「ちょっとこま」は、アットホームな雰囲気が人気となっています。
駅から近いため、アクセスは抜群です。
無料の駐車場がないため、できれば電車や公共機関を使って行きたい場所ですね。

このゲストハウスの名前である「ちょっとこま」ってどんな意味か知っていますか?
これは讃岐のことばで少しの間という意味を持っているそうです。
ちょっとこまを営んでいる夫婦は、香川を旅する人たちが少しの間だけでも集まれる場所になるようにとゲストハウスを作ったそうです。

2013年10月にオープンしたばかりのこのゲストハウスは、40代のご夫婦が営んでいます。
旦那さんは昔から旅行が大好きで、これまでに世界各地を旅してきたそうです。
その延長線上として旅人が集まるゲストハウスちょっとこまを始めました。

また、奥さんは将来カフェを営むのが夢だったそうです。
現在、ちょっとこまではリビングでお茶やコーヒーなどを飲むことができます。
いずれはもっとカフェらしくしたいと考えているようなので、とっても楽しみですね。

そんなご夫婦2人の夢と優しさがたくさん詰まったゲストハウスちょっとこまは、とっても温かいアットホームな雰囲気に包まれています。
特に、可愛らしい飾りつけやデザインが印象的なリビングが特徴的で、多くの宿泊客が利用しています。

違う土地から旅行に来ている人たちが、自然とリビングに集まってくる、そんなゲストハウスなのです。
リビングでは、ご夫婦も混ざって談笑を楽しむことが多いそうです。
観光ももちろん良いですが、人との触れ合いも大きな旅の思い出になること間違いないでしょう。

ちょっとこまの施設紹介

ちょっとこまのお部屋は男性専用ドミトリー、女性専用ドミトリー、個室に分けられています。
ドミトリーの定員は男女どちらも4名までで、宿泊料金は1人2500円となっています。
個室は定員が2名で、料金は1部屋6000円です。

ちょっとこまでは、全部屋に2段ベッドがあります。
14歳未満の場合は宿泊ができないそうなので注意して下さいね。

ちょっとこまは、家族での利用というよりは気軽な1人旅におすすめのゲストハウスですね。
ぜひ、のんびりと香川の旅を楽しむ際にはちょっとこまでアットホームな雰囲気を味わってください。
きっと、温かい気持ちになれるのではないでしょうか。

トイレは1階と2階に1つずつ、2階は女性専用トイレとなっています。
シャワー室もありますが、近くには銭湯もあるようなのでぜひそちらも利用してみて下さい。
2階にあるベランダでは喫煙可能となっているため、タバコを吸う人でも安心して宿泊することができるのではないでしょうか。

    © 2012 - 2020 ゲストハウスで国内旅行 All Rights Reserved. | サイトマップ